スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画感想:レッドライン

REDLINE.jpg

今日は相方の誕生日なので、一緒に噂のアニメ映画「REDLINE」を見てきました。

REDLINE、それは5年に一度宇宙最速を決めるために開催されるレース。
武器を持たずクラシックカーと速さにこだわる純情青年「JP」は
相棒のメカニック「フリスビー」とともに、わけ合って八百長レースばっかりやっていたのだが
ひょんなことからこの大舞台へ出場することになる。

「JP」は同じくレースに出場している憧れの女性「ソノシー」を振り向かせるために
本気で勝負を挑もうとする。
彼女が頑張る姿を見て、「JP」は本気で生きることのカッコよさを知ったからだ。

しかし今回のREDLINE開催地は「ロボワールド」と呼ばれる世界、
この星の大統領はレース開催に猛反対していた。
とある「超極秘の軍事機密」がバレるることを恐れていたためであり
レースを阻止するために全ての軍事力を注ぎこみレーサーの命を奪おうとする。

そして他の出場者もクセモノばかり。
巨乳アイドルツインズやら、残虐ファイト賞金稼ぎやら、はたまた不倫スキャンダルに揺れる警官やら・・・
はたしてレース、恋、友情の結末は?

・・・

一言でいうと、ドハデでカオスなチキチキマシン猛レースでしたね。
ただし各種レースシーンをカッコよく見せるために、ほぼ手描きで10万枚もの原画を4年近くかけて書いてます。

よくレッドラインで注目されるのは前述の10万枚作画だったりキムタクボイスだったりするけど、
僕が面白いと感じたのはルパン三世のパロディとか
呆れるほどのビックリドッキリメカっぷりとか
ほぼ全員の人格が破綻しまくっているところとか
ロボワールド軍人としてレーサーを抹殺する使命を忘れ
いつのまにかレースに正式エントリーされちゃったデイズナ弟とか。

一つ苦痛だったのは、劇場内で大声を出せなかったこと。
よくスポーツ中継を見て歓声をあげちゃうタイプの人は、口を抑えるのに必死になっちゃうと思うんです。
それだけ迫力やテンションがぎゅうにつめこまれています。

そういやレッドラインでゴリライダーの声を担当した郷里大輔さんはこれが遺作となるんだよなあ。
改めてご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

チキチキマシン猛レースしっているなんて
年がばれますよ~(*_*)
Twitter on FC2
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ニコランパーツ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気タグランキング
  • seo
口内炎がひどいときは
お知らせ
ランキング(ACR)
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。