スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三日月村:木枯らし紋次郎の世界

今回は写真多いよ。

GW中に群馬県新田町(だっけ)にある
「三日月村」なる所へ遊びにいったんだ。

http://www.yabuzuka.net/p/mikazuki/mikazuki.htm

この町はかの有名な「木枯らし紋次郎」が生を受けた場所であり
それにちなんで昔の時代の街並みを再現したというわけです。

三日月村・紋次郎

ただまあ、ここが本当にB級臭くてねえ・・・

乗用車の場合、入り口ゲートで金を払って中に入って車を止めるのですが
駐車場に入るまでの道のりに、普通に民家があってさ
あれは何なんだ?ここで働いている人なのか?とか色々考えちゃうんですわ。

まあ、詳細なレポはmoreをおしてどうぞー。

(moreを押すと続きます)

帰って来た木枯し紋次郎 (新潮文庫)帰って来た木枯し紋次郎 (新潮文庫)
(1997/08)
笹沢 左保

商品詳細を見る
このテーマパークの特徴なんですけど、現金が使えないんですよ。
現金の換わりに昔ながらの「文」に両替して楽しんできてねという感じで
細かいところは徹底しているんですね(一文=100円で、細長いのが10文、丸いのが1文)。

三日月村・お金

ただ町並みを再現してそれっぽくしているわけでなく、各種施設も満載。
まあ一番お勧めは資料館ですかねえ。
作者の生い立ちや紋次郎というキャラが生まれた経緯がわかる上にタダというお勧めスポット。
つい最近も江口洋介主演でリメイクされたけど、そのうちリメイク版もこの施設に記述されるのかねえ。

その他、アトラクション(?)もあるんですよ。
その中の「怪異現洞」というのがどうしても気になってさ
http://www.yabuzuka.net/p/mikazuki/kaigendou.htm
なんかさまざまな困難に立ち向かって洞窟を通り抜けていくアトラクションらしいのですが、
三日月村・棺
こんな棺、江戸時代にあったか・・・
というより、どこの世界の棺!?
HPにあるとおり、通り抜けていくと朱色の神社みたいな建物が地中に見えてきて
普通だったら「な、なんだこれは・・・」と身構えてしまうシチュエーションなのですが
建物の下に、小学生が図工の時間で作ったような大黒様の人形があって
「募金してください☆」なんて書いてあるから、和んじゃうんだよなあ(笑)

なんだかんだいって、食い物はいいんだよな。
山菜そば(6文)はあっさりしているし、まんじゅう(4文)は2串もあるし、
みそだれにコクがありパサパサした食感がくせになる。
あと、かきごおり(3文)を食べている子供が良く目立ったなあ。

GW中なので閑散としているかなあ、と思ったら、家族連れがめちゃくちゃ多くて驚きました。
でも平日は絶対に少ないだろうなあ、というのが正直な感想です。
静かに楽しみたいかたは今度の週末あたりどうぞ。HPのチェックもお忘れなく。
http://www.yabuzuka.net/p/mikazuki/mikazuki.htm

先ほども書いたけど、江口洋介主演で再び脚光を集め始めた紋次郎。
少しでも興味があったらぜひともどうぞ!ヘビセンターもよろしくね!

「ともだち」も待ってるよ!

三日月村・ともだち


帰って来た木枯し紋次郎 (新潮文庫)帰って来た木枯し紋次郎 (新潮文庫)
(1997/08)
笹沢 左保

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

Twitter on FC2
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ニコランパーツ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気タグランキング
  • seo
口内炎がひどいときは
お知らせ
ランキング(ACR)
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。